www.agoodeath.com

一般的な経験の浅い方向けのFXの雑誌では、「損失が生じた場面ではナンピン買いをすることによって全体の価格をコントロールする事が出来る」等書かれているが、現実にはこれにはかなり大きな引っ掛けがある。ナンピン買いの原理に関して記述します。仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いなので、円安になるほど利益が大きくなりますが運悪く1ドルが95円まで円高ドル安方向に触れたとします。この場面で所有し続けたらマイナスをなくすためにはドル安になった分ドル高に向う必要があります。投資家であれば、マイナスはなるべく早く0にしたいと願うだろう。ここではじめに注文したのと同じ額の$を1ドル=95円で取引します。それで、ポジションの平均のコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。つまり、2.50円の幅でドル高に向えばマイナスを回復できます。それが、ナンピンの原理です。こういうふうに、ナンピン買いのロジックをみると、「納得だ」と考えるが、外国為替市場はそう簡単に上手くはいきません。1ドル=95円より下がらないとは誰一人として予想できません。もしも、マーケットがかなり強いドル安動向だとすれば、1ドル95円では下げ止まることなくさらに円高ドル安が加速する確率が高くなります。例として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に、1ドル95円までドル安が進んだらナンピン買いを入れた分についても差損が生まれることになってしまいます。そういう状況では一番初めに持ったポジションと合計で二重のマイナスが生じます。それほど、ナンピン買いは大変です。ならば、為替があなたの台本とは逆にどんどん進んでしまった場合、どのような術で危機をコントロールすればいいのでしょうか。こういう場合には選ぶべき選択肢は2つ。まずひとつは潔くあきらめて損切りをすること。ふたつめは、その時に、あなたが保持しているポジションを縮小することによって、もう一度外国為替市場が回復するのをひたすら待つことだ。だいぶ主体性のないやり方だとおっしゃる投資家もいるだろう。だが、持っている買いポジションに差損が生まれた時一番効果のある手法はこの他には考えられない。勿論、理屈の上ではナンピンを入れるという術もあると思います。だけどナンピンは、自分自身が損失を披っているにもかかわらず、ポジションを整理するどころか逆に買いポジションを重ねていく方法です。この手法では、危機を回避することなどどう頑張ってもやりようがないと考えるべきです。ナンピンをしていけば最終的には損を取り返せるかもしれません。しかし、それより前にお金が足りなくなってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.agoodeath.com All Rights Reserved.