www.agoodeath.com

車を買い取ってもらう場合、それから車の売却手続きの時も印鑑証明という書類が必要です。この印鑑証明というものに関して説明していきます。印鑑証明とはある印鑑が実印として認められているという事実を実証する目的を持つものです。印鑑証明書がないと、その印鑑について実印であるかどうかが証明できません。決して小さくない取引になる車の売却なのでどうしても実印が必要になりますが、それと一緒に印鑑証明が出てきます。印鑑証明をつくるにはまず印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は通称、実印と呼ばれこの世に一つだけの判子であることが条件です。この印を準備して、お近くの役場の受付へいけば印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものが交付され、登録した印鑑は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明を発行してもらうには役所の案内係で、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを持って行くだけです。それから自動交付機でも印鑑証明書を交付してもらうことができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。ですから、いつ取得した印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は消えないことになります。ただ車買い取りの際は、必須条件として現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですが、中古車買取の際は、買取先が期限を教えてくれるので、中古車の買取を検討しているとしたら売却前に用意しておくことが必要です。

Link

Copyright © 1996 www.agoodeath.com All Rights Reserved.