www.agoodeath.com

仕事、学校、家族など、人間関係を形成する上で避けられないのがストレスですが、これを上手に回避、また軽減する術を身につけておかないと、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。 私はあまりストレスを感じないタイプの人間ですが、あるときどうしても回避できないストレスによって、顔から胸のあたりにひどい吹き出物ができてしまいました。また、気持ちが落ち込み、後ろ向きな思考傾向になり、ついには心療内科にかかるまでになってしまいました。 ストレスの原因となる人や事柄を「ストレッサー」と呼ぶそうですが、ストレスから逃れるためには、このストレッサーとのかかわり方を改善するしかありません。直接交渉をして、上手くいけば状況が好転することもありますが、実際はなかなか難しいものです。無理だと思ったら、関係を解消することを検討するのも有効です。 私の場合は、何度か交渉してみましたが相手の威圧的な物言いにますます体調を崩してしまったので、思い切って所属していた場所からの離脱を決意しました。それは学校だったのですが、心身をこんなに壊してまで頑張る意味はあるのかと考え、自分の健康とそれが及ぼす良い影響のほうをとったのです。幸い、その後の生活はとても安定していますし、決断に後悔はありません。 ストレスをなくすためには、その時自分にとって何が一番大切なのかを、今一度考えてほしいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.agoodeath.com All Rights Reserved.