それ以降の保証人となる人の取れる選択肢は以下の4つです

破産申告の際自分の借り入れに対しその保証人がいるときには、あらかじめ話をしておいたほうがいいでしょう。クレジットカード比較

もう一度、強調しておきますが、保証人がいるときは、破産申告前にちょっと検討しなければなりません。

というのは破産手続きを出して免責されると補償する立場の人がその借り入れをすべて支払う必要があるからです。

やはり、破産申告以前に保証人となる人に詳細やおかれた現状を説明し謝罪をしておかなければならないでしょう。

そういったことは保証人になるひとの立場から見ると当然のことです。

友人等のあなたが破産の手続きをすることによって有無を言わせず多額の債務が生じるわけですから。

そうなるとすれば、それ以降の保証人となる人の取れる選択肢は以下の4つです。

まずあなたの保証人が「全額支払う」という方法です。

あなたの保証人がいつでも数百万ものお金をラクに弁済できるぐらいの財産を持っていればこの方法を取ることができます。

でもむしろ、あなたは破産せずにその保証人に借金して、今後は保証人である人に返済をしていくという形も取れるかと思います。

保証人が関係が親しいなら期日を長くしてもらうこともできるかもしれません。

まとめて返済できないとしてもローン業者も相談すれば分割での返金に応じてくれます。

あなたの保証人に債務整理を行われると貸金がすべて手に入らないリスクを負うからです。

保証してくれる人があなたの負債をすべて払う財産がなければ、あなた自身と同じく何らかの方法での債務整理をすることを選ばなくてはなりません。

続く方法は「任意整理」によって処理することです。

この方法の場合貸方と落としどころをつけることで5年以内くらいの期間内で返済していく方法になっています。

依頼するときの費用の相場は債権者1社につきだいたい4万円。

もし7社からの契約があれば約28万円かかることになります。

また貸方との示談を自ら行うことも可能ですが、法律の経験のない方の場合債権者があなたにとっては不利なプランを押してくるので、注意しなければなりません。

また、任意整理を行うということはあなたの保証人にカネを払ってもらうわけですから、借りた人はちょっとずつでも保証人になってくれた人に返済をしていく必要があるでしょう。

続いて3つめは保証人となる人も返せなくなった人と同様「自己破産をする」という選択です。

あなたの保証人も債権者とともに破産すれば保証人の返済義務も消滅します。

しかし、保証人である人が有価証券等を所有している場合はそれらの資産を没収されますし資格制限のある業界にいるのであるならば影響を受けます。

そのような場合は、個人再生制度を利用できます。

最後の方法の4つめですが「個人再生をする」方法についてです。

マンション等を手元に残しつつ負債整理を行う場合や、自己破産手続きでは資格に影響する仕事にたずさわっている場合に利用できるのが個人再生による整理です。

この手段なら自分の住宅は残せますし自己破産のような職業の制限、資格制限等がかかりません。

Link

Copyright © 1996 www.agoodeath.com All Rights Reserved.