実際にFX取引会社の売り買い画面で実際の市場

「スプレッド」とはFXは通貨を取引して儲けを生む商品です。梶山のつれづれ: 梶山パワー。記録を書きつづります。

値は上がったり下がったりします。プロキオン 効果

これがレートです。ソファ 2万以下

テレビを見ているとニュースが流れる場合があります。

例としてあげると、「本のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを言い表しています。

売買には買値と売値の値が存在する事を示しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引業者もあります。

売値が安価に定められています。

現実に買値は高く、売値は低くなるものです。

その差分をスプレッドといいFX業者の収益となっています。

スプレッドの狭さはFX取引会社によって異なります。

スプレッドの幅は自分にとって負担になるので、小さいFX取引会社をピックアップするほうが得です。

ただ、同じ会社でも状況に応じてスプレッドは変化します。

平常時はドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても為替相場の上下が激しいケースでは3銭、4銭になったりする状況があります。

なので、スプレッド幅が狭いのと同様に変化しないのが不可欠です。

変化しないスプレッドを表示する業者も多数存在しています。

実際にFX取引会社の売り買い画面で実際の市場をチェックしなければ見分けられないのでやっかいですがとても大事な事です。

貴重な財産を投じて売買しますのでリアルな注文の前に、興味がある業者の新規口座開設を積極的にして示されているスプレッド幅を確かめましょう。

同じペアでも、マーケットの状況によって外貨のスプレッド幅は変化します。

普通は、銀行間取引で取引量の多い外貨ではスプレッドが狭く、他の外貨ではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。

Link

Copyright © 1996 www.agoodeath.com All Rights Reserved.